ネット時代の勝手連と公選法

このブログでは、どの候補を支援するかに関わりなくすべての勝手連を支援するために、勝手連にとって有用な公選法の情報を提供していきます。 (引用・転載フリー。ただし商業利用は禁止です。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

更新についての判断基準

 勝手連や勝手連関係者のブログやWEBサイトは告示後も削除・閉鎖の必要はありません。
 悩むのは更新です。

 更新に関連するのは、公選法第146条のいわゆる「脱法文書」という奴です。

第146条 何人も、選挙運動の期間中は、著述、演芸等の広告その他いかなる名義をもつてするを問わず、第百四十二条又は第百四十三条の禁止を免れる行為として、公職 の候補者の氏名若しくはシンボル・マーク、政党その他の政治団体の名称又は公職の候補者を推薦し、支持し若しくは反対する者の名を表示する文書図画を頒布 し又は掲示することができない。

 おいおいって、感じですよね。候補者本人だけじゃなくて、「推薦し、支持し若しくは反対する者の名を表示する文書図画」までだめなんて、大きな選挙のときは日本の経済活動がとまっちゃうんじゃないの?と思ってしまいます。

 まず基本としておさえておくべきは、禁止されているのは「
第百四十二条又は第百四十三条の禁止を免れる行為として」の頒布・掲示であることです。これらは「選挙運動のために使用する」、つまり、投票呼びかけなど当選を得させる目的の文書です。ですから、目的が選挙運動目的でなければ、名前が載っていても問題ないのです。

 とは言え、ブログやWEBサイトの題名自体に候補者本人の名前が入っている場合は、更新が頒布・掲示とみなされる危険性は否定できません。
 そこで、こういう「冠」タイプのブログやWEBサイトは、安全策をとるなら更新をやめてそのまま、告示前の内容をみられる状態に放置しておくのがいいかもしれません。

 その場合、たまたまブログやサイトの名前に候補者の名前が入っていることが問題なのですから、別のブログやサイトを開設して、投票依頼・呼びかけにならない政治政策の評論やできごと・考えたことの日記などを書くことは全く問題ありません。告示前に、新しいブログ、サイトを旧ブログ、サイトに紹介しておくと一層効果的でしょう。

 「冠」型でないブログやサイトの場合、たとえば日記や政治評論の中に候補者の名前がいっさい入ってはならないのか? またさらに、過去の記事に候補者の名前が入っていていたら、新しく別の記事を書くことができないのか?
 これはまったく新しい領域で、筆者の知る限り、判例はありません。

 市民常識からみて、皆さんはどう感じますか?
 やはり、見たい人が見に来るサイトやブログ、特に、毎日新しい記事が上に積み重なっていくブログを、ばらまく文書や道ばたに貼り付けるポスターと同じ扱いと解釈していることに無理があると感じるのは筆者だけではないと思います。

 特に、推薦人や反対人の名前まで含めて考えると、過去の記事に名前が載っているだけで更新がだめだとすると、すでにできている商業的なサイトやブログのほとんどが更新不能になってしまうはずです。そんな非現実的なことあり得ません。本当に日本の経済活動が止まってしまいます。

 実際には、悪意のないたくさんの一般市民がどのように行動するのかで、法解釈が現実をおいかけていくことになる、という展開を想像するのは私だけでしょうか。

 候補者の名前が登場するとしても政治評論や日記を書くこと、あるいは、名前が登場しない記事を新しく書くことが選挙違反とは思えないという方は、警察が違反扱いするとしても通常、いきなり検挙ではなくまず警告をするのが普通ですから、連絡できるメール・アドレスを表示しておくというのも手でしょう。

 ところで、もろに候補者の名前を冠しているブログ、サイトであっても、興味深いのは落選運動の場合です。
 「
第百四十二条又は第百四十三条の禁止を免れる行為として」ということは、当選させることを目的として、ということを意味します。だとすると、候補者の名前は出ているが、全く正反対に、落選を呼びかけているブログ、サイトであれば、「脱法文書」にはあたらない、と解釈するのが素直、自然と考えられます。もし検挙されるとしたら、当選させるための活動をしたという容疑で検挙されることになるのですから……

 なお、ブログで一番ややこしいのが、コメント欄やトラックバックです。これはブログの開設者が使うものではなく、訪れた別人が使うもの。もし更新することが違反になるとしても、コメント欄に書いたり、TBした人になるでしょう。共犯になるかというと、共同実行の意思の連絡がない限り共犯にはなり得ません。

参照http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E5%90%8C%E6%AD%A3%E7%8A%AF

 コメント・TBした側の人についても、その書き込みの中に候補者の名前が入っていない場合、それでも候補者の名前入りの文書図画を頒布・掲示した罪に問うのか? 無理があると思われますが……。コメント欄やTB欄を閉鎖するかどうかは、上記を踏まえて各自が決める必要があります。閉鎖しないことで設置者本人の罪を問うことには無理がありますから、訪れる人に対する親心、親切心という観点から(笑)

2007年3月29日追記 以下を文中に追加。「まず基本としておさえておくべきは、禁止されているのは「第百四十二条又は第百四十三条の禁止を免れる行為として」の頒布・掲示であることです。これらは「選挙運動のために使用する」、つまり、投票呼びかけなど当選を得させる目的の文書です。ですから、目的が選挙運動目的でなければ、名前が載っていても問題ないのです。」

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

市民が作る勝手連の精神

勝手連市民ネットというサイトに書きましたが、
個人のブログなどでは基本的にはなんでも書いて大丈夫だと思いますよ。(^_^;

 くわしくは、下記のサイトで書きました。
市民が作る勝手連の精神
http://nvc.halsnet.com/jhattori/katteren/KatterenSpirits.htm

 少なくとも、落選運動のHPもやっていますが、
警告を受けたこともありませんから。(^_^;
http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/

服部順治 | URL | 2007年03月23日(Fri)02:02 [EDIT]


 ご意見ありがとうございます。

 小生も落選運動は規制の範囲外という解釈が正しいと考えています。
 また、選挙のためにつくったわけではないブログで投票依頼・呼びかけ以外のいろんなことを書くことについての判断も、本文の趣旨をみていただければわかっていただけると思うのですが、服部さんとそれほど違わないと思っています。まず警告が来るはずだからそれほど臆病にならなくても、というスタンスも同様です。

 おそらく若干のニュアンスの違いは、判例がない現状では、ある程度のリスクを本人が自覚的にひきうけなくてはならない、まったくノー・リスクというわけではない、その点を本人に自覚して行動していただきたい、ということを小生が重視しているからだろうと思います。リスクがあるかないかについての情報を正確に伝えないことによるミスリードを避け、自己責任で自己判断できる自立した個人の形成の一助となりたい、というスタンスです。

 長年やってきて問題なかった、という実例のご報告は非常に貴重です。これからもこうした情報をぜひお寄せください。

勝手連☆法務部? | URL | 2007年03月23日(Fri)11:51 [EDIT]


基本的にはOKのはず

憲法第21条には、
「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。」
とあります。

ですから、選挙期間であるなしにかかわらず、基本的にはブログ等での言論活動は問題ないはずです。

もし、政治権力が公選法を振りかざして圧力をかけてきたならば、それは憲法違反の不当な弾圧ということになるでしょう。

kuroneko | URL | 2007年03月23日(Fri)21:47 [EDIT]


おっしゃるとおりです

kuronekoさん、ご指摘ありがとうございます。
おっしゃるとおりです。
例外的に選挙運動目的(投票依頼・呼びかけ)のための文書図画が規制されるだけで、それ以外は現行法でも自由です。選挙運動目的でなければ、候補者の名前を含めて言論活動を行うことは自由です。この点の強調は不十分だったかもしれません。
ただ、現行法のもとでは紙をばらまく場合は、候補の名前が入っているものを印刷してばらまくことにはやはり慎重にならざるを得ません。ネットだと、選挙応援を開設趣旨として開設されたブログなどについては、期間中、候補の名前を書くことは慎重になった方がいいということです。選挙応援のために開設されたブログでなければ、投票依頼・呼びかけ以外は候補の名前を含めてそれほど気にしなくてもいいだろうと私自身は考えています。ただ、判例がない状況では「リスク・ゼロが確実」とは言い切れないことを理解した上で皆さんにご自身でご判断いただきたいということです。
選挙目的でなければ、基本的にまったく自由です。
おっしゃる通りです。

勝手連☆法務部? | URL | 2007年03月24日(Sat)12:39 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログと選挙~<週別集計>

都知事選の候補者についてのニュースはかなり前から報道されていましたが、今年は4年に1度行われる統一地方選挙の年です。ある期間に任期が来る地方自治体の議員や市町村長・知事の選挙については、全国で同じ日に行おうという

David the smart ass 2007年03月26日(Mon) 02:39


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。