ネット時代の勝手連と公選法

このブログでは、どの候補を支援するかに関わりなくすべての勝手連を支援するために、勝手連にとって有用な公選法の情報を提供していきます。 (引用・転載フリー。ただし商業利用は禁止です。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サクジョ・ヘイサという都市伝説

 勝手連関係者がとまどうことが多いのは、「選挙期間に入ったら、ブログ・サイトに書いた選挙に関係する記事は削除しなければならない。」という噂です。

 結論的には、普通の勝手連や勝手連関係者は、選挙期間に入ったからといってそれまでに書いた記事を削除する必要はありません。それどころか、内容に気をつければ更新だってできるのです。

 こうした「都市伝説」が生まれた原因としては2つが考えられます。
 ひとつは、「告示前と告示後では規制が変わる。告示後は文書図画を頒布・掲示することが禁止される。」という、一面だけは正しいが、粗いために結果的に間違った結論をもたらす考えです。
 もうひとつは、「告示直前には政党などがそれまで張っていたポスター等をはがしてまわっている。」という見聞きした経験からの類推です。これと上の見解が結びつくこともあるでしょう。

 まず、第一の考えの誤り。頒布・掲示が禁止される文書図画は「選挙運動のために使用する」ものです。選挙運動とは、特定候補者の当選のための働きかけでした。一方、政治活動は原則として自由です。ですから、投票を呼びかける趣旨の文章でなく、政治・政策についての政治評論や、その日あった出来事・思ったこと考えたことなどを日記風につづることは、言論表現として自由なのです。もちろん、「Aさん勝手連」というサイト名で開設しているサイト・ブログの場合は、文章表現だけが上のような内容になっていても、トータルにみて当選を目的とする活動と見なされる危険がありますが、そうでない個人のブログや政治的なテーマでのサイト・ブログなら、日常的にやっていることと同じ事は選挙期間中でもいつもと変わりなくできるのです。

 もう一つの考えの誤り。政党などの「政治活動を行う団体」が選挙期間が近づくとポスター等を撤去するのは、「政治活動を行う団体」については、例外的に選挙期間中の政治活動に一定の制限がかかるからです。候補者の名前が入った文書図画を頒布・掲示することなどができなくなります。そこで、これらの団体はこうした規制対象になるポスター等を撤去するわけですが、すでに書いたように、一時的ないし非組織的な勝手連はそもそも「政治活動を行う団体」にはなりませんので、こうした例外的な政治活動規制からは自由なのです。

 もちろん、どんなブログ、サイトであれ、「投票してください」「投票しよう」というような表現はもろにアウトですから、これは削除とか閉鎖とか言う以前に、最初から書かないようにすべきです。告示・公示前なら「事前運動」となり、選挙期間なら文書図画規制にひっかかります。

 ところで、ここまで、サイト・ブログが文書図画に該当するということを当然の前提として書いてきました。このこと自体が市民の日常感覚からは大きくずれていると思います。ブログは多くの人が日記のように気軽に書いています。しかし、総務省、選管の考えではサイトやブログは文書図画の掲示にあたるというのです。

 そもそも文書図画の枚数の規制は、選挙で金持ちが有利になることを防ぐというのが建前。ならば、金のかからないサイト・ブログはこの規制目的に照らして規制対象からはずすべきで、憲法学的にいうと、過度に広範な規制、しかも言論表現に対する事前規制になります。目的と手段のあいだに合理的関連性がないのだから、サイト・ブログを他の文書図画と一緒くたに規制するのは憲法違反の疑いも濃いと言わなくてはなりません。早急な解釈の変更ないし立法上の是正がなされるべきです。

 とは言え、現在の総務省、選管の解釈のラインに従ったとしても、上に書いたように、普通の勝手連ないし勝手連につながっている個人が、特定候補の当選を目的としないサイト・ブログで、投票呼びかけではない政治・政策評論や日記を書くことは自由なのです。ましてや、以前に書いてあった内容を削除したりサイト・ブログを閉鎖したりする必要などみじんもありません。逆に、更新だってできるのです。

ちなみに、「Aさんを応援する勝手連」というモロの打ち出しのサイト・ブログでも、投票呼びかけをせずに事前運動規制にひっかからなかった内容であれば、当然、同じ表現が選挙期間になったからといって突然選挙運動(投票呼びかけ)になるわけもないので、更新せずにそのまま置いておくのは問題ありません。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ハッキリ言って腰が抜けてますよ。この説明は。

 はっきり言って、この腰の抜けたスタンスが情けないです。

文書図画が禁止される元々の理由を知っていながら Web をそれとして網を被せてこようという総務省の本末転倒ぶりを、一方では指摘していながら、下手をしたら…と臆病風に吹かれて、それを無視しろと言えずに、「 安全の為には ~ はやめておいた方が」と書くあなたのような腰抜けのこうしたガイドこそが、総務省のバカ役人共をつけ上がらせ、増長させてしまうのです。

もしああした文言通りなら、新聞や雑誌は選挙期間中候補者や政党の事を一切紙面に書けず、番組表にもそうした文字は書けず、それらは配布禁止…だということになりますよ?
それとも新聞や雑誌、テレビは特別にそれには当たらないという特別法がもう国会を通過してるとでも?

いい加減にして欲しいね。あなたのような腰抜け人間がこうやってミスリードするから、ビートたけしの名言が台無しになるんですよ?
知ってるでしょ? あの名言?

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」

役人の勝手な拡大解釈など絶対許さない…と、みんなで「◯◯さんを宜しくお願いします!…と構わないからやってしまおう」ってなんで言えないんですか?
そうやって Web にはそんな規制は一切通用しない! 入れられるもんなら全員逮捕してみやがれ! 東京拘置所に何万人も入れられるのか?! って言えない戦闘心の無さが嫌ですね。何でそんなに根性ないの? こわけりゃ漫画喫茶から匿名でアップしてレジスタンスという方法だってあるでしょ? それともこれも犯罪の教唆だってビビるのかな? 冗談じゃない、こんなのは Web に関する権利思想に過ぎないね。
Web が公職選挙法を規制する意味での文書に当たる…という解釈は、一体いつ国会を通過した? 総務省の自治局の役人や裁判官の解釈など、罪刑法定主義の本来の意味での法律ではない。その罪刑法定主義で違法だと決ってもいないものに、一体何故国民がオタオタと従わねばならない? 権利とは国民が自らの勇気で勝ち取るものである。役人にお伺いを立てて施してもらうものではない! インターネットでの自由な選挙を今から勝ち取ろう!」と何故言えないのですか?!

そうやって何でも恐々やってるから、日本でだけ奇妙なネチケットが蔓延り、バカみたいなトップページ以外はリンク禁止とか、リンク許可制…みたいなことがまるで常識のようになってるのですよ。

権利を確立しようという気概のない臆病者が、こうやって多くの人をミスリードし、周囲の全体を自分と同じような臆病者にしてしまおうとすることに、断固として反対します。日本人を大人しい羊の群れにしようという、役人に都合の良い画策をやめといて下さいな。本当に迷惑ですから。

以上

うつぎ・れい

うつぎ・れい | URL | 2007年03月22日(Thu)22:15 [EDIT]


自粛と行き過ぎのはざま

先の うつぎ・れい さんのコメントには驚きました。

 ご承知のはずの公職選挙法
「第148条 (新聞紙、雑誌の報道及び評論等の自由)この法律に定めるところの選挙運動の制限に関する規定(第138条の3(人気投票の公表の禁止)の規定を除く。)は、新聞紙(これに類する通信類を含む)又は雑誌が、選挙に関し、報道及び評論を掲載するの自由を妨げるものではない。」

 私は、本文の投稿内容が間違っているとは思いません。
 とはいえ、無用・過剰な「自粛をもよおす」雰囲気があるブログについてはいかがなものか、その種の観点では私も同感です。

てらまち | URL | 2007年03月29日(Thu)08:37 [EDIT]


ついでですので…

てらまちさんの意見は、恐らく第148条に限らず公職選挙法というものが、どうして今の形になり、維持されてるのか…ということを知らないか、または無視してのものと思います。

実はそんな附則が申し訳程度についてることは、選挙管理委員会に問い合わせていても出て来なかったので、気がついてませんでしたね。へえ、何だそんな矛盾したことを公職選挙法は恥ずかしげもなく、附則としてそなえてるんだ?

だがそれならば尚更、その同じ「新聞紙(これに類する通信類を含む)又は雑誌が、選挙に関し、報道及び評論を掲載するの自由を妨げるものではない。」によってインターネットでの報道や論評もまたその自由を妨げられるものではない…ということに当然なるはず。テレビ放送を含めるために「通親類を含む」と言ってしまってる以上、インターネットを除外することはできないでしょう? インターネットは放送ではないものもありますが、全部が通信なので逃げようが無い。
な ~ んて、つい逆手を取りたくもなるけど、実はこうした法律文の文言そのものに捕らわれてする議論は、全く時間の無駄です。
日本の法律のように不備だらけで本来は現実に到底合わなくなってるものを、何時までも勝手な解釈で誤魔化して、罪刑法定主義を蔑ろにする裁判官や警察の判断で、勝手に決ってもいない罪が作り出されたり、罪でもないのに罪のように錯覚させられて萎縮させられる臆病社会には自由など無くなる…と言ってるんですよ。そんなことを放置して大人しくなり過ぎてるから、警官の都合で簡単に、無実でさえ ( 事実上の ) 禁固二箇月程度のリンチを加えてしまえる警察国家から一歩も出られないんです。最近ではそれが二ヶ月を遥かに越えて131日まで延長できるという悪しき前例まで作られてしまった。
もとい!
大体こんな言い訳みたいな附則の付いた法律なんて、そもそも何でこんなものが決ったのか…と考えてみない方がおかしいんです。
今の公職選挙法というのは、基本的には選挙時に与党・自民党が有利になるように決められてるに過ぎない…ということに気付いて下さい。
例えばインターネットをどうして選挙に使わせないのか?
私は1998年から2000年頃にかけてハッキリと自民党本部の広報幹部から、「インターネットを選挙戦に使うことを認めると、民主党に有利になるから認めないだけで、もし自民党に有利なら、とっくに認めてるに決ってるだろう」と答えられてます。
投票率低下のひどいこの日本に、ヨーロッパ諸国のような「選挙不参加の罰則」が無いのも、票の重さの格差が是正されず、何倍以内なら違憲とは言えない…などというアホな判決が出るのも、全部、本質的には自民党にとっての都合でそうなってるだけです。

その辺のことを考えずに、法律の条文の中でだけモノを考えて、踏み外したら危ないと石橋を叩くが如くの態度は、何事によらず権力を拡大したい、役人の権力主義の思う壷なのですよ。

その役人の手に負えない場所でありうるインターネットを、こうした自己規制的態度で不自由なものにしてしまう愚を慎めと言ってるだけです。

実はここのサイトには同じことを二箇所に投稿してしまったのですけど、そのもう一つの方では管理人さんが私に「ご自分でそのようなブログを作られたらどうか?」という回答をしたあと、入力欄が無くなってしまった。仕方が無いので、こっちに書いておきますが、私はブログを作るより、現実にもう選挙戦そのものを選挙参謀として戦っていますので、政治の世界でこの馬鹿げたインターネット規制をしてる自民党をこそ叩き潰すことに全力を尽くしています。

うつぎれい | URL | 2007年04月08日(Sun)09:20 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

告示後もサイト閉鎖は不要です

告示後の選挙運動について、特にインターネットを使った運動について、不便だなぁ、融通がきかないなぁ、ネット選挙こそすべきなのに...でも告示されたら取りあえずサイトは閉鎖しとかないとまずいだろうなぁ、と思われたあなた!!

東京都知事選-勝手連ウォッチ 2007年03月20日(Tue) 14:48


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。